お薦め

レーシックで老眼は矯正できるか?

レーシック手術はhttp://tppwatch.org/donnnamono.htmlにも書いてあるように乱視や遠視、近視が治る手術としてアメリカから始まり、
現在では日本も含め世界中で活用されている視力回復治療の一つです。

そんなレーシックですから老眼を治すことができるのでは・・・
と思われがちなのですが、実は現状ではレーシックで
老眼を治すということはできないとされています。
またレーシックで老眼が早まるとも言われています。下記サイトをご覧ください。


http://www.order-cigarettes-online.com/farsight.htmlにも書いてあるようにレーシック手術では老眼を矯正することはできない理由は、
老眼の原因が角膜の屈折異常ではないからということが挙げられます。

もともと、レーシック手術とは角膜の屈折異常を矯正して視力回復を試みるというものです。
そのため、角膜の屈折異常が原因ではない老眼は矯正することができないというわけですね。

そもそも老眼とは、どのような原因で起こっている現象なのでしょうか。
実は、原因となっているのは水晶体の弾力が落ちてしまったり機能が低下してしまうことであり、
現状ではこれを矯正させるようなレーシック手術はまだ開発されていないのです。

しかし、老眼自体を治すことはできませんが近年ではどんどんレーシックの技術も進んでおり、
老眼治療のためのものも開発されてきてはいると言われています。

そうした手術を受けることによって遠近両用メガネを使用しなくても大丈夫という程度に
回復させることは出来る可能性があるとされているようですね。

ちなみに、老眼を持っている方が乱視や近視、遠視などを治すために
レーシック手術を受けることは可能でしょうか。

これについては、レーシック手術を受ける前に行う適応検査においてOKがでれば
問題なく治療を受けることが可能となっているようです。
このサイトにはレーシックで治療が可能な目の病気などについて詳しい解説を記載していました。ぜひ、ご覧になってみてください。

近視などと一緒に老眼の症状が出ている場合などは、遠近両用のメガネを着用する
必要性が出てきたりしてしまいますが、レーシックで近視や乱視、遠視を治療してあげれば
遠近両用メガネではなく老眼鏡のみで日常生活において事足ります。

そのため、メガネの費用なども削減することができるため、非常に心強いと言えるでしょう。
また、レーシックを受ければ永久に回復した手術は続くのでしょうか。詳しくはhttp://with-life.jp/kaihukusitasiryoku.html